BODY-Kの考え方

現代病? 昔の人と現代人とのカラダの違い。

今から60年ほど前までの日本人 は、まだ『裸足』や『下駄・草履』で生活をしていました。その頃の日本人は足の指先で地面をつかむ様に歩き、バランス良く自身の体重を支えるべく足裏のアーチが形成されていたのです。

そこから靴を履く生活に変わっていった我々日本人には、それまでには無かった【現代病】とまで言われるいくつもの体のトラブルや悩みが増え続けています。

あなたも困っていませんか? よく聞く症状、、、実は足裏バランスの悪さが原因なのかも?

  • 【外反母趾】【内反小指】【偏平足】
  • 【足の指先が地面に接していない】
  • 【巻き爪】
  • 【足がむくむ】【下半身だけが太っている】
  • 【膝が痛い】【腰が痛い】
  • 【首や肩が凝る】【偏頭痛】
  • 【姿勢が悪い】【顎関節症】

簡単チェック! 簡単に出来る、あなたの足裏バランスのチェック!

皆さんはいかがですか?パソコンの前で一度何も意識せずに直立してみてください。

すると、足の指先に自分の体重が乗っていないことに気付きませんか?足の指先で踏ん張らずに立ち、指先を使わずに歩行・運動を続けてきたことにより、現代人の8割~9割が、上記のなんらかの症状になっていると言われています。

では、なぜ足の指先が踏ん張れないと、上記の症状になるのか?
      「足の指先が体重を支える役割を果たさなくなる。」
      「カラダの重心バランスが、かかと寄り(つまり後方)にずれてしまうのです。」
      「バランスが崩れグラつく上半身を元(前方)に戻そうと、アゴを突き出した姿勢(猫背)になる。また、本来足指が支えるべき体の重さが膝やふくらはぎ・腰・肩・首への負担となり、結果、先述の症状へと繋がっていくわけです。」

子供も危険? 子供にまで影響!足裏バランスが原因とみられる様々な症状。

また最近の子供たちには、踏ん張って【立てない】【歩けない】ことにより、歯を食いしばる力が弱まり、【長時間立っていられない】【早く走る事が出来ない】【我慢が出来ない】【集中力の低下】などが多く見られ、問題視されるようになっています。

第1人者! 足裏バランス研究の第一人者が開発!

そして、我々BODY-Kは10万人以上の足を診てきた外反母趾研究の第一人者、笠原巌氏の理論・特許を元に、足裏バランスを整える【テーピングソックス】を開発いたしました。

建物の歪みを土台から見直す様に、人間のカラダの歪みも土台である足元から見直さなくてはならないのです。

  • 姿勢を正しくしたい
  • 首や肩が疲れやすい
  • 足が疲れやすい
  • 美しく歩きたい
  • 腰に不快感がある
  • 下半身が太っている